デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

育児お役立ちグッズ■スリング 0歳~1歳

s-SANY0003

 

スリング。息子が生まれる前から興味を持って、めずらしく出産前に、自分で準備していた育児グッズです。

いまや、「しぇんぐー」といって自分から入りたいとアピールするようになった息子ですが、スリングには、本当に、ほんっとうに!お世話になりました!

息子が生まれたばかりのころは、仕事もしていなかったし、よく育児関係の調べ物をしていました。
で、Baby wearingがよさそうだ!ということで、こんなサイトも読んでみたりしたなあ。このサイトは、結構面白くて参考になりましたよ。

で、スリング。

わたしは、息子が生まれてすぐから1歳を過ぎるまで、写真のリングありタイプのスリングを、ずーーーっと愛用していました。
リングなしのものも洗いがえに持っていたけど、ほっとんど写真のスリングばーーっかり使ってましたね。

しまいには、汚れた日も夜の間に洗って干して、次の日また同じスリングを使う、という生活でした。本当にお気に入りでしたね。

子供が小さいうちは、リングありが便利です。つど、ギュッとしめて体制を安定させられるので、親も子も楽ですし。子供もどんどん大きくなっていく時期ですから、0歳から使うなら、大きさを変えられるリングありがお勧めです。
少し、使いこなすのに慣れが必要ですが、慣れてしまえば、こんな便利なものはない!と思いますよ~♪

うちの息子は横抱っこをいやがり、生まれて1ヶ月くらいから縦抱っこをしてましたので、首が据わるまでは、片腕で首を支えて。首が据わってからは、とっても楽になりました。

一番お役立ちだったのが、寝かしつけ!

うちの息子は、0歳のころ抱っこで寝ても床に置いたら泣く子だったのです。
ある日、スリングに入れて寝かしつけてみたところ、すんなり寝てくれたので…
そのまま、スリングに入れたカンガルー状態のまま、自分の用事をしたり、ネットサーフィンをしたりできまして。

もー、ずっと泣く息子を抱っこ→寝かしつけ→起きる→泣く→抱っこ→(エンドレス)、の生活だったので、抱っこしたままではあるけど、スリングを使って自分の用事をする時間をもてたのが、とっても助かりました。

そして、少し育ってきて、腰が据わってきたころから、前向き抱っこにしてみました。

息子は、今までカアチャンの体ばっかり見ていたのが、視点が前になって面白かったようで、とても前向き抱っこを気に入ってくれまして、いつもニコニコしていたようです。

それで、周りの大人もよく話しかけてくれて、「可愛い子ね~♪」と、可愛がってくれていました。息子が基本的に人好きなのは、このころの経験があるのかもなあ、と思います。

これってば、わたしとしても嬉しい効果でした。基本的に一人で子育てしていたので、ほかの大人と喋る機会が作れて、ストレスがたまりにくかった気がします。
息子に声をかけてくれて、近所の方やお店の店員の方など、顔見知りになる人もたくさんいましたし。

息子も気に入っていたし、本当に見た目もかなり可愛くて、わたしも気に入っていたので、かなり重くなる2歳前後まで、前向き抱っこをしていた気がするなあ。

写真のスリングは、ためしにと思って4000円くらいで買ったものです。
スリングって高いので、かなーりいろいろ迷って、まずは物は試しに!と思って安いのを一枚買ったのでした。
こんなに活用するなら、思い切ってPスリングとか買っておけばよかった!と思うのですが、まあ安いからこそ気兼ねなく活用できたというのもあるよね、きっと(笑)

最近だったら、Baby Wrapもよさそうですね♪
Wrapもどきを手作りしてみたこともあるけど、ものぐさな私には、慣れると手軽にセッティングできるスリングのほうが便利でした。

スリングもベビーラップも、簡単に手作りできるものではあるので、腕に覚えがあるなら自作してみてもいいですね♪

ただし、リングありスリングは、強度の問題もあるので買ったほうが安心かも…

1歳~のスリング生活については、また次回♪

 

いつもありがとうございます♪
ランキング参加しています。応援ポチ、お願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 
MODIFHI SMARTで始まるシンプルコミュニケーション generated by MetaGateway

Comments

comments

関連記事

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31