デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

息子の料理

最近、夜、息子と一緒に寝て、朝5時くらいに起きる生活が
定着してきた、やすなおです。
息子くんですが、土曜日くらいから、
お料理を手伝ってくれるようになりました!
ある日、わたしが卵を割ろうとしていると
「ぼーぼー!ぽんぽん、ぽん!!」と手を伸ばして怒っています。
ぼーぼー、というのは、卵のことです。
で、仕方ないので卵を手渡してみると、
キッチンの角で、コンコン。そこまではいいんだけど
そのまま卵を両手で持って、…パカッ!
当然、卵はそのまま床へ…
カアチャン、怒!!
しかし、そのまま割ると卵が床に落ちてしまうことを
息子はその時は、理解していなかったはず。わざとじゃないのだから…
と、思い直して謝り、息子が割って入れられるお皿を用意して
もうひとつ、割ってもらいました。
失敗&怒られてショックな顔をしていた息子ですが
カアチャンに「ごめん、いいすぎた」といわれた瞬間に表情が変わって、
「もう一度やろう」と言われると、ニッコリ。
二度目には、きちんとお皿に割りいれてくれました。
すかさず誉めると、超嬉しそうな顔!
その後、鍋に入れるところまでやってくれました。
その日の夕食のときには、「しろくまちゃんのホットケーキ」の絵本を
開いて、しろくまちゃんのお母さんが卵を割っているシーンを指差します。
私が「あっ、しろくまちゃんはお母さんに割ってもらっているけど、
龍は自分で卵を割ったね、龍は自分で卵を割れるもんね?」と言ってみると
もー、得意げ!満面の笑み!
うーわー、超かわいいーー!
と、何度も絵本を見ながら、誉めてしまいました(←親ばか)
それから毎日、夕飯の支度のときに「ぼーぼー、ぽんぽん」と言いつつ
卵を割りに来るので、毎日卵を使わないといけません絵文字名を入力してください
しかし、食事作りを本格的に手伝ってくれる男の子になるように
今はカアチャン、がんばりどころだわ!
料理できる男のほうがモテるし、将来の奥さんに好評だと思う。
がんばれ、息子!

Comments

comments

関連記事

2020年4月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930