デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

歯磨きイヤイヤ

SANY0260
ぱくぱくくんなら、楽なんですが…

 

息子との歯磨き攻防戦が、毎日続いております。

1歳半くらいから、ずーーーっと続いております。

途中、しまじろうやら、オリジナル歯磨き戦隊ソングやらで、
楽しく磨けた時期もありますが…

今は、歯ブラシを出してくると

「じんぶんで!(自分で!)」

と言っては、歯ブラシを持ちたがり。

そして、歯を磨くのかと思えば、床を磨こうとしたり、
顔のほかの場所を磨いてみたり…

本人はふざけていて楽しそうなんですが
いつまでたっても歯を磨いてくれないので、
結局いつも、怒ってばかりいます。

仕上げはお母さんだよ!と言っても
「じんぶんで!じんぶん~~(涙)」と、譲らないので
結局いつも、羽交い絞めの無理やり磨きになるわけです。

今日はついに、羽交い絞め磨きをしていたら
途中で「じんぶんー!」という抵抗がなくなり、
うつろな瞳で「いー。あー。へいへへいへーい。」と、
歯磨き行事を淡々とし始めたのですよ。

(「へいへへいへーい」というのは、仕上げ磨きの最後に
いつも言ってる掛け声です。歯磨き戦隊の名残です。歳がばれます。)

そういえば、羽交い絞め中に息子がめがねを取ったとき
「それはやめてっていってるでしょー!」と怒ったのですが、
そのとき、「んったんも、いや!」と言い返してきました。

そうだよね、嫌なのに無理やりされるのは嫌だよね…

こんなんじゃ、歯磨き嫌いになっちゃいそうです。

一応、毎日、なぜ歯磨きが必要なのか、説明してるんですけどね…
そのときは納得してくれるようなんだけど、次の日はまたバトルに。

どうしたらいいものかなあ。。

 

おまけ。
今日は、仕上げ磨き後に歯ブラシを渡して、じぶんで磨かせてたんだけど
息子のお膝に「ごろんしていいよ」と言ってくれたので、ごろんしてみた。

ら。下からのぞくと、息子のぷにぷにほっぺは、触らざるを得ない吸引力が。

息子がいつも、歯磨き中にわたしの眼鏡を触るわけが、
実感としてわかりましたよ。

下から見上げた眼鏡は、下から見上げたぷにぷにほっぺと同じように
抗いがたい魅力があるのだろうな。。

眼鏡の件は納得したけど、仕上げ磨きは譲れないぞ。
どうしたものかなあ~

 

いつもありがとうございます♪
ランキング参加しています。応援ポチ、お願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 
MODIFHI SMARTで始まるシンプルコミュニケーション generated by MetaGateway

Comments

comments

関連記事

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031