デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

やる気を持続させる方法~スケート男子6歳がんばる

息子のスケート記録をつけていこうかなと思いまして、
これから、息子のスケート関連のことは
カテゴリを作って記録していこうと思います^^

さて、少し前のことですが。

息子はスケートが好きで、今ならっているのですが、
1月から教室で習い始めたら、しんどくなってきたようで
だんだん、行きたくないと言い出すように…

もちろん、本人が嫌なら辞めたらいいんだけど
スケートは息子が自分でやりたくてはじめたもので
それなりに目標もあったのに、
始めたばかりで、少ししんどいからと
やめてしまうのはどうかな…と思っておりました。

せっかくなので、同じ辞めるでも
それなりに達成感を持たせてあげて
習ってよかったな、と、
そういう経験をさせてあげたいなと思っているのです。

マイ靴も手に入ったことだしね。

そんなわけで、息子、
一時期とってもやる気を無くしておりました。

そこで先日、近くの期間限定リンクに
一緒に滑りにいきました。

新しい靴の練習も兼ねて、ですけど。。

最近、スケートは教室でしかしてなかったので、
私と楽しく話しながら滑ったのは、
とても良かったみたいです^^

久しぶりに時間を忘れて
楽しく滑っていたようです。

そして、すっかりやる気をなくしていたので
「シングルジャンプでいいから、
ジャンプができるようになってほしいなあ」
と、息子にリクエストを出しました。

本当は、習い事とかは本人のやる気を重視したいので
あまりモチベーションの部分に口出ししたくないんだけど
どうやら今のスケート教室は、息子にとっては
モチベーションを保つには過酷な環境のようで…^^;

シングルジャンプがどれくらいの難易度なのか
グループレッスンレベルで達成できる目標なのか、
スケートを本格的に習ったことのない私には
正直わからないけど…^^;

その日、スケートを楽しんだ帰り、
地上でですけど、まだ残る雪の上で
ジャンプの練習を
一生懸命にやる息子の姿がありました!

「できるようになるために練習するのは楽しい」

なんて事をいい笑顔で言い出すじゃないですか!

まあ、フォームも習ってないので
勝手に練習しちゃうと変な癖がつきそうで
それはそれで、どうかなあ?とは思うけど^^;

このことを通して、

1.身近な、届きそうに思える目標を作る

そして、

2.厳しい練習ばかりでなく楽しむ時間を持つ

ということは、やる気を持続させるために
大事だなあ、と改めて思ったのでした。

もしかすると、仕事や勉强でも、
同じことが言えるかもしれないなあ。

 

Comments

comments

関連記事

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031