デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

息子3歳1ヶ月の頃の、お気に入り絵本など。

アップし忘れていたので、投稿しておきます~

IMG_0779

以前、保健センターで偶然読んだ、「ぼくの水たまりバケツ」という絵本がとてもよく、amazonで取り寄せておやすみ絵本の仲間入りをしています。
調べてみると、原書が英語のようだったので個人輸入してみました。届くまで2~4週間だそうですが、楽しみ♪

うちは英語も少し教えてるので、英語版を取り寄せてみようかなあと。
日本語版、英語版の両方を読むと、日本語、英語で対比させられるので、よいかなあと思います。

日本語の翻訳が秀逸なものもあるので、日本語版もいいんですけどね~♪

うさこちゃんシリーズ(ミッフィー、オランダ語ではナインチェ)なんかは、日本語の訳がすっごくよくて、かわいらしいです。
まあ、これは原書はオランダ語なので、私には読めませんが^^;

シェル・シルヴァスタインの「ビッグオーとの出会い」なんかも、日本語訳がすばらしいなあ、と思ったうちの1冊です。
高校生の頃に日本語版を読んだのですが、大人になってから書店で英語版を見つけて立ち読みしてみたところ、日本語版の訳の素晴らしさをあらためて感じた次第です^^

さて、息子3歳1ヶ月の、最近お気に入りのおやすみ絵本は、「ぼくの水たまりバケツ」、「ジグゾーパズルのくに」など。

「3びきのこぶた (美しい数学 (6))」も、言葉の使い方が面白いらしく好きです。

IMG_0782

でも、数学系なら「はじめてであうすうがくの絵本」のほうが読みたそうにしてます。
でもこれは1冊の分量が多すぎて寝る前に読むのはしんどい…

IMG_0783

いい絵本だし、数学的な考え方が身につくかな~と思うので、たくさん読んであげたいんですけどね。
しかし夜遅くなるとつい、長~い絵本は避けちゃいます^^;

日本語版、英語版といえば、「だるまちゃんとてんぐちゃん」。

日本語版が家にあって、一時期おやすみ絵本のメインで活躍してました。
この絵本は、すっごい古くからある日本の絵本で、わたしも子供の頃に読みました。
今は、英語に翻訳されたバージョンがあるんですね~!

近くの児童館で英語版を発見したので読んでみると、日本語の韻を踏んでいる部分とかが別途説明されていたり、面白かったです。

(でもあの絵本は、大人になった目で読むと、てんぐちゃん=欧米、だるまちゃん=日本、な感じがして…欧米のものをまねするのが好きな日本、というテーマが隠れてる気がして、なんか素直に読めないでござる^^;)

 

 

いつもありがとうございます♪
ランキング参加しています。応援ポチ、お願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 
MODIFHI SMARTで始まるシンプルコミュニケーション generated by MetaGateway

Comments

comments

関連記事

2020年4月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930