デザイン、子育て、モノづくり、マーケティングが大好きなシングルマザーの日常

menu

Poplifeのおもちゃ箱

手作りおもちゃ■紙皿のクリスマスリース

SANY0016

児童館のイベントで、紙皿を使ったクリスマスリースを作りましたよ♪

上の写真が息子の作品。

この日は、わたしから見ると、ちょっといまいち?と思う出来。
いつもなら、もっと色数を使うし、しっかりした大胆な線で書くと思います。

うーん、息子が描きたいように描いたなら、これでも喜ぶべきか…

しかしなんか、覇気が感じられないというか…
色も、私が赤やオレンジを使うように仕向けても嫌がり、
自分で選ぶ色は、黒や無彩色が主体。

描いてるときも、周りの子ばかり気にして、集中できてない様子で。
何か気に入らないことがあったのかなあ?と心配でした。

うーん、いまいち…なんてことも、つい口に出してしまいましたし…

が、息子が描いた作品ですから、悪くばかり言うのも親としてどうよ?

わたしは息子がしっかりした線で躊躇なく、のびのびと描いた作品が好きだけど、
それは単にわたしの好みであって。
そうでないタッチで息子が描いても、喜んであげるべきでは…

と思ったので、お皿をよーく見ると…

SANY0017

この黄土色の部分!

この細かいグルグルで書かれた部分は、
今までしたことがない繊細なタッチ。新しい画法を発見したのかも!

そう思って、その部分を重点的にほめておきました。

家に帰ってご飯を食べて、息子がお昼寝(夜~深夜のお昼寝でしたが(涙))後、
改めて息子とお皿を見ていたときに、
息子が「たきたき、する(描き描きする)」というので
クレヨンを出してあげましたら。

「ままが、かいて!」と、わたしに要求するのですよ。

そういえば!児童館でお皿を作っていたとき、周りの子達は
ママが描き加えたりして、一緒に作っていました!

そっか、息子は他の子たちのように、ママと合作したかったのか!

わたしは息子の作品が好きなので、息子が描いているところに
わたしの線を書き加えるのが、あまり好きじゃないんですよ。
息子の自由にやらせたい。

が、そのとき息子は、一緒に描きたかったんだな。
周りの子達はママが書いているのに、自分のママは描いてくれない。
それで、ノリが悪かったんだ。

…といわけで、上の写真の赤いマルは、私が書き足しました。

息子、一応満足げにしてくれました。ほっ。

知らず知らずのうちに、お絵かきに対して、ちょっと厳しくなっていたかな…
せっかくの工作、楽しい思い出にしてあげたいですものねえ。。

 

いつもありがとうございます♪
ランキング参加しています。応援ポチ、お願いします!
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 
MODIFHI SMARTで始まるシンプルコミュニケーション generated by MetaGateway

Comments

comments

関連記事

2020年4月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930